乾燥が大敵


ニキビ大人ニキビが発生してしまう場合、かなりの確率で保湿が足りないための乾燥が原因となっていることが考えられます。乾燥肌のため雑菌などの刺激を受けて炎症が起きてしまい、バリア機能が低下している肌ではそうした炎症がなかなか治らずニキビとなってしまうわけです。まずはニキビの原因はオイリー肌だという思い込みをなくして適切に保湿をしていくことが大人ニキビに対処するための第一歩となります。油分量の問題ではなく、水分量の減少が問題だというわけです。まずはその基本的な部分に気づかないとなかなか根本的な問題解決にはたどり着けないわけです。

皮肉なことに顔の中で部分的に水分量の減少が進んでしまうと、その部分を保護しようと皮脂の分泌量が増えてしまい、結果として毛穴詰まりの状態に陥ってしまうことも知られています。ですから皮脂の分泌を抑えてオイリー肌にならないようにする努力が逆に極端な乾燥を招き、結果的に部分的な皮脂分泌過多になってしまうわけなので、やはりスキンケアの正確な知識を持ってケアしないと、頑張っているのに一向に大人ニキビや肌トラブルが治らないということになってしまうのです。ではどのような方法で保湿をおこなっていくのがスキンケアにおいて正解なのでしょうか。